メインキャラクター 妖魔
  • 第7話
    ミミック・フラワー
    ミミック・フラワー
    ワーウルフとともに夢魔の任を支えるため同行した花の妖魔。周囲に擬態して、相手をコソコソ闇討ちしたり、弱体させたり、悪臭を放って嫌がらせをするハナつまみ者。
  • 第7話
    ワーウルフ
    ワーウルフ
    夢魔配下のオオカミ男の妖魔。雄々しい体躯で、自称夢魔に忠実な斬り込み隊長をしている。夢魔の任を支えるため同行する。肉弾戦のファイターで噛みついたりもする。声が大きい。
  • 第7話
    づな
    飯綱
    魔界で兵器や武器の研究・開発に明け暮れているキツネ妖魔の科学者。見た目や言動は子供っぽいが、実はすごく頭がいい。知り合いの夢魔とはお互い立場が違うためかよく衝突するが、乙女戦士に対抗するためギブアンドテイクで手を組む。白衣の下に研究用の道具をいっぱい持っている。
  • 第4・5・7話
    夢魔
    三魔臣の中でも最強と称される一級妖魔。その美貌とは裏腹に残忍な性格。喜怒哀楽が激しく若干ヒステリックなところがある。また狡猾な野心家であり、魔王復活を掲げ、目的を果たすためならどんな手段もいとわず、ときに味方や宿敵である乙女戦士さえたぶらかし利用する。サイコキネシス・幻術・拷問・呪いなど特別な能力を数多くもつ。
  • 第6話
    やま
    山津神
    妖魔山賊の首領。ダルマのような丸々とした体型で、どんな攻撃も弾く鋼のボディーをしている。相撲を好み、誰それ構わず取らせようとしてきたり、筋肉バスターなどプロレス技も行使する。その四股は地を割り、張り手は空を揺らす。山の動物たちを使役して襲わせることができる。
  • 第6話
    こだま
    谺
    妖魔山賊の頭目のひとり。御神木から生まれた木の妖魔。妖力で木の枝をあやつり、根が張った場所では無尽蔵に生やすことができる。語尾にタマをつけてしゃべる。
  • 第6話
    やまわろ
    山童
    妖魔山賊の頭目のひとり。山間の川辺などに住み、予てより旅人などに目撃されてきた。乙女戦士を倒すことに興味はないが、賞金目当てでその役を買って出る。山童真拳(やまわろしんけん)という流派で闘う。
  • 第6話
    山の
    山の魔族
    海の魔族と同じく魔界に従属しないはぐれ妖魔。賞金ハンターとして乙女戦士を狙う。
  • 第6話
    きょうかい
    膠塊
    膠(にかわ)のようなものでできたゴム妖魔。ブヨブヨした身体から自由自在にゴムを伸ばして相手を締め上げたり、包み込んで圧殺する。
  • 第4・5話
    らい
    ミニ粘魔
    地上の魔族を束ねる三魔臣のひとり。物ごとを冷静に判断してこなす切れ者。強力な電磁気をあやつり、理論的に相手を攻めたてる。テリトリー内のどこからでも雷や磁気を発生させられるほか、尻尾をコンセントのように相手の穴に直接接続して感電させる。
  • 第5話
    がん
    巌魔
    周りの岩や砂利を吸収して巨人になった粘魔。巨大な巌(いわお)の腕や足で相手を蹂躙(じゅうりん)する。粘魔同様にいくら砕いても再生する。
  • 第4・5話
    ミニねん
    ミニ粘魔
    粘魔によって作られた粘土細工の分身たち。念力であやつって縦横無尽に相手を攻める。
  • 第4・5話
    ねん
    粘魔
    地上の魔族を束ねる三魔臣のひとり。おっとりとした性格だが、その実力は一級品。砕いても砕いても再生する体質を武器に、細切りにしてミニ粘魔を作り出すこともできる。また地面を自由に行き来し、足元から奇襲をしかけるなど乙女戦士を翻弄する。急所攻撃がすき。
  • 第4話
    毒キノコン
    毒キノコン
    湿地帯に潜むキノコ妖魔。地の利を活かして毒キノコを生やし、触手のように使ったり、食わせたりして毒牙にかける。
  • 第3話
    弑邪懼シージャック
    弑邪懼
    キャプテン・ジャックが有する海賊船。船の周りに霊魂がまとわりつき、船首にある大砲にその霊力を籠めることで怨霊砲(ゴースト・キャノン)を放つことができる。
  • 第3話
    デメキン
    デメキン
    キャプテン・ジャックが乗る空飛ぶ車のような乗りもの。
  • 第3話
    しもべ
    僕
    キャプテン・ジャックの下僕とよばれる死霊。ジャックが手にかけてきた海の亡者がたゆたい出たもの。生者の精気をすする。
  • 第3話
    キャプテン・ジャック
    キャプテン・ジャック
    海の魔族、海賊妖魔の長。数々の海の妖魔を束ねる一級妖魔であり、サブミッション・ホールド、仕込み砲など、様々な戦闘スタイルを有する。魔界府には属さないが、その実力を買われハンターとして乙女戦士を狙う。かつてユウリとも対峙したことがある。自身を大海原の無頼漢と名乗っている。
  • 第3話
    たこもり
    蛸森
    蟹蔵、磯兵衛とともにキャプテン・ジャックにつき従うタコ妖魔。ミコト誘拐の実行役として人間の姿をして近づいた。太く力強い触腕で全身を縛りあげ猛打する。
  • 第3話
    いそ
    磯兵衛
    イソギンチャク妖魔。無数の触手で相手を拘束したりムチのように使って打ちつける。絡めとって口に運び丸呑みしたりもするが、その口は上にある。ちょっとオカマっぽい。
  • 第3話
    かにぞう
    蟹蔵
    背丈の低いカニ妖魔。硬い甲羅で相手にヘッドバットを食らわせたりする。
  • 第2話
    きり蜥蜴とかげ
    霧蜥蜴
    ひょうたんらとともに蛇姫の配下に属するトカゲ妖魔。鋭い爪と俊敏さに加えて、相手に憑依してあやつることができる。
  • 第2話
    子ひょうたん・ほむら
    子ひょうたん・焔
    ひょうたん・焔が生む子ひょうたん。主のひょうたん・焔に似て力が強い。普通の子ひょうたんと比べてチームワークが巧い。
  • 第2話
    ひょうたん・ほむら
    ひょうたん・焔
    メカニックに改造されたひょうたんの兄。ひょうたんよりも一回り大きい。砲弾やミサイルといった火器で攻撃するほか、剛体を活かした極め技や打撃技で攻めるパワーファイター。その反面、俊敏な相手は苦手。
  • 第1話
    真・じゃ
    真・蛇姫
    魔界に住む蛇の王の真の姿。巨大なコブラの姿。その特徴を活かして相手を締め上げたり、口から闇のエネルギーを放出する。
  • 第1話
    じゃ(男型)
    蛇姫(男型)
    蛇姫の男性の姿。人間の男性の姿を取ることで頑丈な体躯となり、パワーとディフェンスにおいてハイパフォーマンスになる。女型と同じくプロレス技を多用する。
  • 第1話
    じゃ(女型)
    蛇姫(女型)
    魔界に住む蛇の王・蛇姫の女性の姿。人間の女性の姿を取ることでスピードと巧みさにおいてハイパフォーマンスになる。文字通りのコブラツイストなど、プロレス技を多用する。顔にキズがつくのを嫌がる。
  • 第1話
    子ひょうたん
    子ひょうたん
    ひょうたんが生む小さな子ひょうたん。各々が意思を持っていて、相手の体中をまさぐったり、号令とともに自爆することができる。
  • 第1話
    ひょうたん
    ひょうたん
    蛇姫の配下。ユウリを手にかけた主犯格のひとり。子ひょうたんを大量に生んだり、低めの背丈を活かしてローブロー、下半身への攻撃を得意とする。意外と跳躍力もある。
上に戻る
inserted by FC2 system